ブログやFacebookなどを使って、
文書を通して集客を行なっている人も多いですよね。

でも、

どう書けば読者の興味が引けるのか、
どう書けば申し込みが入るのか、

いまいちよくわからないー、って人も、きっと多いよね。

ちーん。

私もそんな時期があったので、そりゃあ勉強しましたよー!!

ということで、
今日は、私が日頃気をつけている
集客のための文章の書き方について、
簡単にまとめて生きたいと思います。

 

 

私は、ライティングに
新PASONAの法則を活用しています。

 

新PASONAの法則っていうのは、
神田昌典さんという有名なマーケターが考案した

いわゆる「売れる広告文の型」のこと。

 

内容は以下の通り、6つのパートに分かれています。

1. Problem(問題)
2. Affinity(親近感)
3. Solution(解決策)
4. Offer(提案)
5. Narrowing down(絞り込み)
6. Action(行動)

 

 

私自身もまだまだ勉強中ですが・・・
この組み立て方で文章を書くと、
何も考えずに文章を書くよりも説得力が上がるし

実際に申し込みにつながりやすいなーと感じています。

 

実は日頃のブログでも、
これを少し応用しながら書いていますよー。

 

どう書けばいいかわからないよー!という方、
ぜひこの型を意識してみてくださいね!

 

今日紹介した6つのパートの詳しい書き方は、
またメルマガに書こうかな。

 

LINE@では起業のヒントも流していますので
メルマガもLINE@もご登録お待ちしています。

LINEは下のバーをクリック!
メルマガはお問い合わせからご連絡ください!

文章というのは、
 書けば書くほど上手くなるもの。

たくさん書いてみることが
 文章での集客の近道です。