このブログを読んでくださっている方の中には
起業の経験がある方も多いと思います。

で、私もたくさんの起業家さんとお話しするんですが

「お金もらうのが悪い気がする」

って言われる人が多くてね。

 

あなたもそうかもしれないね。

「お金をもらうことへの抵抗感」、

これって、エネルギー的にも受取拒否なので

「お金欲しい!!」なのに「でも商品が売れたら困る!!」
っていう、
謎の行動を1人で繰り広げているってことなんだよね。笑

 

さて、ここからは活動中の起業家さん向けの話。

あなたの本命商品っていくらに設定していますか。
たぶん、安くない人も多いと思うの。

20万?30万?
世の中には100万円を超える商品もあるね。

 

それだけの額を、

何の迷いもなく、当然のことのように受け取れますか。

多くの人は、少しひるむと思う。
1ヶ月、正規社員として働いて得るような月収に近い額を
1人の人から、いきなりもらうことになるから。

 

その負担を想像してしまうよね。

これだけのお金を出すのに、
そのお客様がどれほど苦労したか、
何ヶ月コツコツ貯めてこられたか、、、

見えるもんね。

 

そういうことも考えた上で、
自分の本命商品の金額を振り返り、

「こんなにたくさんのお金をもらうのは悪い」

と思うなら、、、

 

あなたがその金額を設定するのは、まだ早い。

金額を下げたほうがいいですね。

高い料金を設定している人は、
それだけ自己投資をしていて、

たくさんのことを学んでいて、
経験も積んでいるから、

金額が高くなる。

 

要は、それだけの努力をしているし
お客様に対して責任を持つっていう覚悟もしているから

高い金額でも、受け取ることができる。

 

自分の仕事に対して

「これだけの価値がある」
「私の能力を提供するのに、この金額ならお買い得」

って思えるからこその、値段設定です。

 

起業って最初は誰でも初心者。

だから、受け取ることに抵抗がある人は
いきなり高い金額に設定することはないよ。

 

少ない金額でも大丈夫。

私も、最初の起業だったヨガのレッスンは
1時間1,500円でした。

それより上はなかった。

 

そのお金が、その当時の「私が受け取れるお金」だったから。

 

少ない金額でもいいから、

 

お客様を集めて
サービスを提供してお金をもらい、
フィードバックをもらい反省をして
また次のサービスに生かす。

 

このサイクルをたくさん数こなしていくことが大事です。