私の、『自分を変えたい』と思い始めたのが

29歳の頃。

二人目の妊娠中から、今まで保てていた精神が

音を立てて崩れ出した…。

 

 

子供がいる、家族がある幸せ。

は、あるものの

私の心の穴はポッカリと空いていた。

 

なんのために生きてるんだろう

私は一体何をしているんだろう。

もっと子育て上手に、毎日笑って過ごせると

思っていたのに、、現実じゃ、あれは危ないからやめとこ

これは、やめとこ。あかんよ。って

もう、なんでわかってくれないのって。。

 

うまくいかない子育てに苛立ち

自分にダメだしして

とことん辛くなってきた。

 

周りにうまく相談することも

口に出すこともできなかった。

 

ちょうど、その頃、2013年の6月に

大阪から、奈良へ引っ越しました。

新しい環境ではあるけど

実家とは近くなった。

 

ちょっと楽になるかと思いきや

 

子供には日中遊べる友達がいない…

私も気楽に話ができるママ友がいるわけではない…

 

子供と二人で日中過ごす何気ない日常が

心の中は、悲鳴をあげてたね

 

ある時、子育て広場で年配の先生に

『どうかしたの?』そんな一言で

涙が止まらなくなって。

ヒック、ヒック、泣いてた。

 

子供の前で、子供の心配かけたくなくて

トイレで泣いた。それでも泣き止まずに。

呼吸が苦しくなるくらいに、涙が、止まらない。

 

もう、心も体も、

いっぱいいっぱいだった。

子供が悪いわけでもない。

自分が悪いわけでもないはずだけど

 

なんなんだろう。

どうしたら、もっと毎日が楽しくなるんだろう。

 

『どんなママになりたいの?』

『どんな風に生きていきたいの?』

 

そんな言葉をくれる人と出会えたんです。

 

私は、今まで、どういきたいっと考えたことなかった。

『どういきたいんだろう…』

 

ぼんやりと、私は、どんなことが好きで

どんなことが得意。

何がしたい。何でワクワクする。

 

そんなことを考えるようになりました。

 

二人目のお産で、私は決意した!

そして、

2013年8月に次男を出産

自然分娩で産んだ後、

不思議なくらい私は楽になったんです。

そりゃ〜半端ないこう陣痛もありましたが

気持ちが、楽になったんです!不思議なくらい。

 

私は、子供は2人が良かった

もう産んだから、妊娠期間のしんどかったのは

もう二度とないという思いと

 

二人も、ママになったと言う自覚。

 

産んだから、後は

『この二人を絶対に幸せにする!! 』っと

強く強く誓いました。

母として強くなる!!

 

もう弱い自分とは、さよならした日となりました。

 

この二人を幸せにするためには

私も幸せにならなくっちゃ!!

 

そこから、こんな感動的な場所(産婦人科)で働くのもいいよな〜

助産師って、どうやったらなれるんだろうって

産んだ夜、病室でネット検索しまっくってました。

 

学校に3年か〜。夜働くのもな〜。

素敵な場所で、いい仕事だけど家族との時間も大切にしたいから。

 

っと、助産師は目指すのはやめたものの

次、働くなら、好きなことして働きたい!!っと

思うようになりました。

 

ある日、(私はお産をきっかけに)
強く決めることで、私は自分の生き方を変える決心をした!

『母は強し』
言葉のごとく、私は強くなる!

息子二人を絶対に幸せにするために
私も、幸せになるんだ!!

 

息子二人が私を強くしてくれた。

子育てとともに、私自身も成長していけばいいんだね