集客しても人が集まらない、
お客様が来てくれない、
だから売り上げもたたない。

そんなループにはまっているあなた。

それって「人が来ていない」んじゃなくて
見過ごしているだけかもよ!!

お客様は意外といるもの

一度起業してみた人なら、

ブログで集客をしたり
身近な人に声をかけたりした経験があると思います。

無料モニターを募集したりしたこともあるでしょう。

 

それで、誰からも何の反応もなかった、、、
という人は、商品を魅力的に組み立て直す必要がありますが、

 

声をかけられる人がいなかった!!

とか

1人も来てくれなかった!!

って人は、意外と少ないのではないかと思うのです。

 

※あ、本当に「誰も来てくれなかった 泣」って人、
手伝うのでお問い合わせくださいね。これからよ!

 

数人は、、、
少なくとも、1人や2人のお客様は、目の前にしたことがある。

って人のが多いと思う。

お客様はいるのに、売り上げにつながらないのは、なぜか。

で、考えるべきは

「なぜその後、たくさんのお客様に来ていただけるようにならなかったのか??」

ってこと。

いいかな?

そこで振り返ってもらいたい。
自分のお客様に該当しそうな見込み客も含めて、
お客様を目の前にした時、
自分はどうしていたのか??

ということを。

 

たった1人のお客様、それがまだ売り上げに繋がらない見込み客でも
時間やお金を使って、私のところに来てくれるなんて、

ありがたいじゃない??

 

そういう気持ちを忘れていなかったか、どうか。
あなたのためになるよ、ってことをちゃんと伝えられたのか、どうか。
誠心誠意、愛情と情熱を持って、お客様に尽くせたのか、どうか。

 

集客した時に、人がきていないんじゃなくて、
「目の前の1人のお客様を見ていない」
ことが、
「お客様が来ているのに見えていない」
になっている。

 

目の前の1人が見えてないから
「まだまだ、知らない人もたくさん集客しなきゃ」
になる。

 

人って、ちゃんと発信のポイントを抑えれば、
ちゃんと来てくださるものなんです。

 

そのチャンスを捉えられるかどうかが、
起業家の腕の見せ所。

 

「目の前のたった1人のお客様」、
しっかり見えていますか?