どうやったら、
私は幸せと感じれる日常が送れるようになるんだろう…

 

1 泣き崩れ、弱かった私。
変わると決めた二人目のお産。決意があるからわたしは強くなった!

↑の続きにもなります。

『夢中になることをできたら、幸せに一歩近づきそう』

 

そう、子供のことをメインにしていて

自分自身の没頭することや、好きなこと

楽しい〜!って感じるようなこと

あまりやってなかった。

 

何が、好きなんだったっけ?

じゃん、没頭すること

時間が忘れてでもやりたいことって

なんだろう?自問自答していました。

 

好きなこと、やりたいことは?

・体を動かすのが好き
(小学校から、高校までバレーボールしてました)

・バレーボールが好き

・思いっきり走りたい(長距離が得意)

・健康・ダイエット好き

・人に教えるのが好き
(キャプテンだったり、
職場でもリーダーだったり自然とそういう環境でした)

・踊りたい

・料理はまあまあ好き

・おかし作りも好き

 

 

こうやって、書き上げてました。

 

そして、

見てみるとわかるように、当時の私

体を動かすのが好き、体を動かしたかった!!

 

でも、子供がいるから…

 

頭の中で、ふた文字目には、この言葉。

でも子供がいるから…。

 

 

バレーボールがしたい、でも子供がいるからできない。

 

思いっきり走りたい、でも子供がいるからできない。

 

 

自分で、自分に制限をかけてるの。

始める前に、探す前に、できないって。

(これ、無意識に頭の中でそうなっちゃっていた当時。)

 

でもね、幸せになる!!って決めたから

何なら、できる?っとさらに問う。

 

アンテナが張ると、必要な情報が入ってくる

 

『子供がいても、体を動かせること』

私の、今やりたいことは、これ!

それが、明確な何かではない、けど、こんなもの。

 

そこから、そうやって意識をしていると、

ちゃんと必要な情報は入ってくるんです。

 

まさに、アンテナを立てると、

必要な情報が入ってくる!

 

そこで、『子連れヨガ』にヒット!!

そうそう、2人目の妊娠中、

子連れでマタニティヨガにも通っていたんです。

(当時、大阪の千里山に住んでいました)

 

子供と一緒だから、

完璧に体を動かすことができない時もあったけど、

アロマの香りが漂う空間

少しでも体が心地イイと感じる瞬間

家族以外の人と話をできる空間

 

そ〜いえば。やってたな〜。

 

また、やりたいな〜〜。

(2人目、出産直前に大阪から奈良に引っ越しました)

考えていると、

それだけでもワクワクするようになってきたんです

まずは
ご自身の好きなこと、やりたいことを書き出してみる

何からの制限がかかっている場合は
考え方を変えてみる。

例)子供がいるからできない…、と思うなら、
子供と一緒にできるのは?っと。

ワクワクしてきたら、イイよ〜って合図。
気持ちが上がらない時は、本当にしたいこと
もっと探してみよ!

こんなこと。具体化されてなくても
アンテナが立つと、ちゃんと情報は入るから
すぐにこれっじゃなくても大丈夫。

 

 

谷口智子