起業して頑張っていきたい。
そんな私のことを、家族が理解してくれるか、どうか。

これは大きな不安材料の一つだと思います。

 

やめろって言われたらどうしよう。
お前には無理だって言われたらどうしよう。

それでは、3年前にヨガ講師になると決めた私の家では、
どのように話が進んだのか。

 

まず、ヨガ講師養成講座を受けるため、
私は夫に相談をしました。

 

その額、なんと・・・・・・15万円。

 

決して安い額ではなかったから、
話をして、わかってくれるのかどうか
不安がなかったかといったらそうではないけれど、

私がやりたいといったことに、夫は反対しませんでした。

 

費用は私が自分で貯めていた貯金から出したので、
まぁ反対するのはおかしなことなんだけどーー( ̄▽ ̄)

でも、費用が家計を圧迫しない、という安心感は
夫にとって大きかったのかもしれない。

 

そして、夫は

「何か行動を起そうと思ったら、最初に自己投資はするべき」

という考えの持ち主であったこと。

この夫の理解が、私の背中を押してくれたと思います。

 

じゃあ、子育てはどうするのか。

でも、
「母親は余計なことをせず、家にいるべき」
という考えの人も世の中には多くいるでしょう。

当時、上の子は幼稚園に、
下の子は1歳になっていなかったので、
家で子育てをしていました。

 

ヨガ講師に挑戦したい身としては、
できれば子どもは保育園に預けたい・・

 

でも、それには夫、
そして義両親からの反対がありました。

 

まだ小さな子どもを預けるのはかわいそう。

それだけは勘弁してくれ。

 

さすがに家族会議が開かれました。

 

どうして子どもを保育園に預けるのか。

他に手立てはないのか・・・・

 

そして、最終的に義両親からの申し出。
「子どもはうちで面倒を見るから、保育園には預けないでほしい」

 

私は、育児を人に頼ることがあまり得意ではなくて。
でもこの申し出はありがたいものと受けさせていただきました。

 

頼ったら、甘えさせてくれる腕はあるものなのです。

 

自分の意見を押し通すことだけでは、うまくいかない。
家族の意見も大事。

夫が、義両親がわかってくれない、
と文句を言うだけでは何も変わらない。

 

どれだけ本心の話をしたのか。

あなたを大切に思ってくれる家族なら、
前向きな目標をきっとわかってくれると思うのです。

 

ママの起業は、家族の支えがあってのこと。
旦那さんの収入源があるからこそ、
ママも仕事に、起業に、トライできるところはあると思います。

 

我が家の場合ももちろんそう。
お互いへのリスペクトを忘れずに、
でも自分のやりたい目標はきちんと伝えましょう。

 

だって、それは絶対に自分の欲を満たすためだけのものじゃなく、
家族を幸せにするためでもあるから。
正面から話をしてみましょう(*^^*)

 

※ちなみにその一年後、
仕事を頑張って続けたことで

夫の理解を得て、
義両親の説得にも成功し、
子どもを保育園に預けて働くことができました!!(*^^*)

 

 

家族から理解を得るのはとっても大事。
一番にコミュニケーションをとるべき存在は家族です。

あなたが起業することのメリットも、ちゃんと提示して 笑
正攻法でサポートを得ましょう!!


\母性を/
「情熱を仕事にする」
谷口智子の起業コンサルについて
↓詳しくはこちら↓