教室を始める時、起業をする時のネーミング

どうしようかなっと思いますよね。

 

それって、聞いたら、印象に残るものでありたいですよね。

 

ということは、そこにあなたの届けたい思いが乗っている必要がある。

 

私は

『SUNNY YOGA』としたのは

ママは家族の太陽であり、

いつも周りに影響を与えている存在だからこそ

今の自分自身の状態を知り、

家族の太陽であることを、この時間に再認識して欲しい。

という思いを込め、伝えてきました。

 

 

そして、自分の成長とともに

SUNNY YOGAを成長させたいっと

愛着を持って育ててきました。

 

SUNNY YOGAを成長させるために

ブランドディングも固めました

 

やるからには、

ブランドにしたかったしね。

○○て言ったら、△△よね〜。っと言われる。

SUNNY YOGAって言ったら

産前産後の子連れで行けるヨガ教室よね。

先生は意識高く、気楽に行けるんだけど

美意識が高まるよね。

リラックスしながら、すっごいエネルギッシュになれる場所。

力を抜いて、再スタートできるところ。

 

それが、ブランディング!

スタバって言ったら、こんな色で、こんなイメージ。

ドトールは、こんな感じで、違うよね。

 

っと、イメージ化できるように。

色や、服、雰囲気、BGM、

チラシ類、スタンプカード、

その全てに統一のイメージを与えるようにする。

 

すると、それ好みのお客さんが自然と集まってきてくれるんです。

こちらがちゃんと見せれてるから

お客さんも間違えない。

すると、スタバ行きたかったのに

ドトール入った、なんてことがないから

継続する方、リピート率も高かったんだと思います。

 

もともと、見ていて

継続するつもりで来てくれる。

 

紹介で来てくれた人より

ブログを見てきてくれるお客様の方が

継続率が良かったのは、ちゃんと好みの場所へきてくださったから。

 

まずは、こちら側が提示する

こんな想いで、こんな雰囲気で、こんなことを大切にしていますっと。

すると、意向にあった、お客様が来てくれる
リピートしてくれる。